アヤナストライアルセットはアトピーでも使えるの?

アヤナスはアトピーでも使えるの?

 

敏感肌専門のディセンシアなら、アトピーでも使えるかしら…とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私も関心があったので、「アトピーでも使えるの?」とディセンシアに直接問い合わせてみたところ、先ず、アトピーやお肌の疾患などが進行形である場合は、最初に皮膚科で医者診断のうえでの治療をされる事をお勧めしますとの事でした!

 

そのうえで、日頃のお肌のお手入れをするときには、ディセンシアの『つつむ』シリーズがおススめなのだそうです。

 

アトピーで頭を抱える方も、実際につつむを愛用いただいている方が多くいらっしゃるとの事でした。

 

もちろん、他のシリーズのアヤナスやサエルを使っている方も多いそうですが、その方たちは、過去アトピーや疾患があったが、現時点では改善しているものの、どこかに原因で肌があれやすい敏感肌の状態が多い性質にあるようです。

 

ディセンシアのすべてのシリーズ、「つつむ」、「アヤナス」、「サエル」はともに敏感肌専門ではありますが、アトピーや疾患となると、敏感肌の中でも炎症がひどい状態なので、刺激としては最も少ない+最も高保湿である、つつむでお手入れする事がベストなのです。

 

つつむはシリーズの中でも肌の構成成分に近いもので製作されていますので、肌につけても刺激性が大変低いですが、そのかわりアヤナス、サエルのような積極的な美肌効果は付与されてはいないんですね^^;

 

なので、先ずは、つつむで肌を整えていただき、段々よくなってから、肌に最も遠いクリームからアヤナス、サエルにトライしていくのが最善策なのです。

 

全商品で皮膚科医師会のテストを行ってから販売をしています。

 

自覚性敏感肌・乾燥肌またはアトピーのある被験者45名を対象として、販売前の商品を4週間自宅で使用していただき、その前後に皮膚科医師会のもと、問題がないかを判断。

 

試験項目としては、皮膚科医目視による額、左眼の周り、右眼の周り、左頬、右頬、口の周り、顎の6か所において、コメド(=ニキビ)や紅斑(=赤く炎症をおこしている)などがないか、そして被験者ヒアリングによるかゆみ、ヒリヒリ、痛み、他の症状などがないかと試験シートに記載し、4週間後商品を使用後でも同じ項目を実施し、使用前と比較して悪くなっていないかという試験をしています。

 

もちろん、すべての方にアレルギー反応が起こらないわけではないですが、ディセンシアの商品は安全度はかなり高い化粧品といえるかと思います。

 

参考にしてみて下さい。

 

 

page top